空が青く見える理由

  • 空気中には光の波長よりも小さい超微小の酸素分子と窒素分子が大量に存在している。
  • 光は波長の異なるスペクトルでできており、波長が最も長いものは赤、波長が短いものは青、さらに短いものは紫の光になる。
  • 青や紫の波長は短いので、大気中の酸素分子や窒素分子と衝突し、あらゆる方向に散乱する。
  • このとき、紫のほうが波長が短いため、青よりもより散乱している。
  • しかし、人間の目は、光のスペクトルの真ん中に位置する色をより鮮明に捉えるようにできている。
  • 大気中には紫の光の方がより多く産卵しているが、私たちは、紫よりも、青をより鮮明に認識するため、空は青色に見える。
  • 虹も紫が最も認識しづらい。

参考: 空が青い理由を科学的に解説 – ログミー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする