UWSCでWindowsPCの操作を自動化する

UWSCはマウスやキーボードの操作を記録して、WindowsPCの操作を自動化することができるソフトです。

1999年にリリースされ、現在までバージョンアップが続けられている、超有名なソフトです。

使い方さえ理解すれば、初心者でも簡単に使うことができます。

UWSCのダウンロード

UWSC公式サイトからダウンロードすることができます。

上の方にある「UWSC Pro」は有料のシェアウェア、下にある「UWSC Free版」が無料のフリー版です。

基本的には無料版の機能で十分です。

UWSCで操作を記録する

「UWSC.exe」を起動します。

UWSC

左から5つのメニューが並んでいます。

  • 読み込み: 自動操作ファイルを読み込みます。
  • 保存: 記録した自動操作をファイルに保存します。
  • 実行: 読み込んだ自動操作を実行します。
  • 記録: 操作内容を記録します。
  • 設定: 各種設定ができます。

まずは、「記録」ボタンを押して、マウスとキーボードの操作内容を記録します。記録は「Stop」ボタンか、「Alt + F2」で停止できます。

記録

記録が完了したら、「保存」ボタンを押して、ファイルを保存します。

保存

保存したファイルの拡張子は「xxxxx.UWS」になります。

UWSCで繰り返しの設定をする

保存したファイルをテキストエディタで開いて、繰り返しの設定をします。

繰り返したい部分を「FOR i = 1 TO 100」と「NEXT」で囲みます。

FORの最後の部分の数字が繰り返しの数です。「100」にすれば、100回繰り返します。

今回は、Chromeブラウザ上での操作を自動化しています。

「ACW」は、ブラウザ画面を選択する操作なので、今回は繰り返しの必要はありません。その下から「FOR~NEXT」で囲んで、繰り返すようにしました。

ちなみに、「BTN」はマウスのクリック操作、「MMV」はマウスの移動操作、「KBD」はキーボードの操作です。

UWSCで記録した操作を自動実行する

「読込」ボタンから、先ほど作成したファイルを読み込みます。

読込

ファイルを読み込んだら、「実行」ボタンを押すと、自動操作が開始されます。

実行

自動操作を停止するには、「STOP」ボタンを押すか、「Alt + F2」で停止できます。

シェアする

フォローする