注目の銘柄・投資戦略(2016年)

基本方針・全体観

  • 流れが来るトレンド株を安く買って、高く売る。押し目買い。
  • 米国、新興国は強気。日本、中国は弱気。
  • ドル安。
    • ドル建てで取引される原油やゴールドが上昇しやすい。
    • 投資家は投資資金を新興国へ向け始める。アメリカと親和性の高い南米が人気化しやすい。
  • サイクル
    • 1 景気循環、工業、素材。
    • 2 早ければエネルギー。
    • 3 通信、ヘルスケア、消費安定、公共はいまいち。
    • 4 ハイテク、金融は衰退。

指標

  • 船賃 バルティック・ドライ(Baltic Dry Index) 船賃は世界景気のバロメーター

大型安定

やっぱり強い。

ゴールド A

ドルと反対に動く。ドル安なので、上がる。

ブラジル A

通貨安で輸出が強い。新興国全般強気でOK。特にメキシコ、ブラジルなど。

  • 通貨
    • ブラジル・レアル(BRL/USD
  • 指数
    • インデックス: ブラジル ボベスパ指数(^BVSP
  • 銘柄
    • ブラジルETF(EWZ

メキシコ A

アメリカ経済が強く、連動して強い。新興国全般強気でOK。特にメキシコ、ブラジルなど。

オイル A

原油安のため、買い。

建設 B

金利政策オンリーから、財政出動の議論が高まっている

不動産 B

穀物 B

歴史的に安い。

素材 B

銅や鉄鋼などコモディティ銘柄、中国が回復したら強い。

ハンバーガー B

マクドナルドは超高ROE企業。シェイク・シャック、ハビット・レストランツは成長に期待なので、値崩れしたら買いたい。

トルコ B

政治的リスクが大きいので放置。

プラチナ B

銀 B

ハイテク C

落ちれば検討。

  • 銘柄
    • アルファベット(GOOGL
    • フェイスブック(FB
    • アップル(AAPL

バイオ C

2016年は絶対に投資してはいけない。C型肝炎訴訟問題など、業界全体に問題が噴出しており、総崩れになる可能性がある。総崩れになってから考える。

金融 C

静観

  • 銘柄
    • ビザ(V

その他

  • アメルコUHAL) 引っ越し用レンタルトラック、グロース株

イギリスのEU離脱関連

著名投資家

参考

シェアする

フォローする