Android Studioの初期設定をする(SDK Manager)【第2回】

前回は、Android Studioのインストールを行いました。

この記事では、Android Studioの初期設定として、SDK Managerで必要なSDKをインストールしていきます。SDKは、Software Development Kitの略で、便利なプログラムがセットになったライブラリのようなものです。

目次

SDK Managerを起動

まずは、SDK Managerを起動します。

↓Android Studioを起動して、メニューから「Configure」を選択します。

cap04

↓SDK Managerを選択します。

cap05

↓「Lanuch Standalone SDK Manager」に進みます。

cap06

↓SDKの名前とインストール状況が分かります。「Installed」がインストール済みのもの、「Not installed」がまだインストールサれていないものです。Android Studioをインストールした時期により、インストールされているSDKが異なります。

cap

Toolsの整理

Toolsで必要なのは、以下のSDKです。基本的にデフォルトでインストールされています。

  • Android SDK Tools
  • Android SDK Platform-tools
  • Android SDK Build-tools

cap20

↓今回は、「Android SDK Build-tools」が2種類のバージョンでインストールされていたので古い方をアインストールします。そのままにしておいても問題ないのですが、できるだけシンプルにしたいので整理します。アインストールする項目にチェックをつけます。

cap16

↓右下に表示される、「Delete 1 packege」を押します。

cap19

↓確認ダイアログが表示されるので、「Yes」を押します。

cap11

↓これで、Toolsの整理は完了です。

cap20

Androidの各バージョンのSDKの整理

続いて、Androidの各バージョンのSDKをインストールしていきます。OSのバージョンにより、追加、非推奨になったSDKがあるため、細かく分かれています。

今回は最新版のAndroid 6.0のSDKをインストールしたいと思います。古いバージョンにも対応する場合は、古いバージョンのSDKもインストールしましょう。

最終的に必要なのは、以下のSDKです。開発するアプリによって、追加で必要なSDKがあります。

  • SDK Platform
  • Intel x86 Atom_64 System Image
  • Intel x86 Atom System Image
  • Google APIs
  • Google APIs Intel x86 Atom System Image
  • Sources for Android SDK

cap23

↓今回、デフォルトでは、この状態になっていました。

cap3

↓「Documentation for Android SDK」がデフォルトでインストールされていますが、不要なのでアインストールします。

cap25

↓チェックをつけて、右下の「Delete 1 package」からアインストールします。

cap19

↓「Intel x86 Atom_64 System Image」と「Intel x86 Atom System Image」にチェックをつけます。「Android TV…」などにデフォルトでチェックがついていますが、今回は不要なのでチェックを外しておきます。

cap26

↓右下の「Install 2 packages」を押します。

cap28

↓確認画面が表示されるので、「Accept License」を押します。

cap31

↓「Install」を押します。

cap32

インストールに少し時間がかかります。

↓これで、Android 6.0用の整理は完了です。

cap23

Extrasの整理

最後に、Extrasを整理します。

必要なのは、以下のSDKです。

  • Local Maven repository for Support Libraries
  • Android Support Library
  • Google Repository
  • Google USB Driver ※Windowsのみ。Macは不要。
  • Intel x86 Emulator Accelertor (HAXM instal…)

cap34

↓インストールするものにチェックを入れます。後は、右下の「Install packeges…」ボタンからインストールを行うだけです。

cap33

以上で、Android SDK Managerの初期設定は完了です。

次回は、Android Studioのプロジェクト作成する【第3回】です。

シェアする

フォローする