43位『SAMURAI DEEPER KYO』

SAMURAI DEEPER KYO

舞台は関ヶ原の戦いから4年後の日本。鬼目の狂は千人斬りの鬼と呼ばれていた。鬼目の狂が、歴史を影で操っている壬生一族と戦っていく時代劇アクションである。鬼目の狂は、本当はごく普通の青年壬生京四郎という人物であった。敵に襲われると、京四郎は鬼目の狂に豹変する。

ストーリーが進んでいくうちにさまざまな仲間が加わり、共に旅をしていく。仲間の団結力も描かれている。戦いのシーンは臨場感あふれる絵で描かれている。

SAMURAI DEEPER KYO(1) (講談社漫画文庫)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする