米国テーマ株メモ

米国テーマ株メモ

Photo Illia Cherednychenko via Unsplash

テーマ別に代表的な米国株をメモしていきます。

鉄鉱石

  • 北京オリンピックの前後に中国の需要増を受けて、オーストラリア、ブラジルで大規模な開発投資が行われた。
  • その影響で、現在は構造的な供給過剰状態になっている。
  • 中国政府のシャドーバンキング抑制の影響で需要が軟調。
  • シャドーバンキング問題が片付けば投資チャンス到来。

リオティント(RIO)

  • 事業規模が大きく競争力がある。
  • 積極的な投資が裏目に出ていて、現在は過剰生産能力を抱えて苦しんでいる。

ヴァーレ(VALE)

  • 事業規模が大きく競争力がある。
  • 積極的な投資が裏目に出ていて、現在は過剰生産能力を抱えて苦しんでいる。

  • 銅価格は過去5年間にわたり下落相場を経験し、2016年にようやく底入れしたが、最近また軟調になっている。
  • 世界の銅の半分は中国で消費されている。
  • 銅価格の復活には中国の景気が活性化する必要がある。
  • 電気自動車はこれまでの自動車の3倍の銅を消費する。
  • 中国政府のシャドーバンキング抑制の影響で需要が軟調。
  • シャドーバンキング問題が片付けば投資チャンス到来。

サザンコッパー(SCCO)

フリーポート・マクモラン(FCX)

  • インドネシア政府と世界屈指の金・銅山であるグラスバーグの採掘の再交渉中のため、不安材料となっている。

シェアする

フォローする