金価格は米利上げをきっかけに上昇

金価格は米利上げをきっかけに上昇

最近の金価格はFOMCの利上げ発表をきっかけに上昇する傾向にあります。

縦の赤いラインがFOMCが利上げを発表したタイミング、2015年12月16日、2016年12月14日、2017年3月15日です。2015年と2016年の金価格は利上げ前までは下落し、利上げをきっかけに反転上昇しています。2017年も利上げ前まで下落しており、利上げ発表による上昇が期待できます。

一般的には利上げは、金価格にとってマイナスと考えられています。

利上げにより債券利回りが上昇すると、利子の付かない金の魅力が低下するからです。

利上げ発表前には、利上げへの期待で金価格が下落しています。

利上げが発表されると、材料出尽くしでそれまで下げていた金貨価格が上昇するようです。

相場の格言にある通り、「噂で買って事実で売れ(今回の場合は、「噂で売って事実で買え」)」ですね。

参考

ゴールド、米利上げきっかけに上昇開始の鉄板パターン?! – インターネット商品先物取引システム「Expert(エキスパート)」

シェアする

フォローする