指紋の役割と指紋認証の仕組み、指紋から汗が出る様子の動画

指紋から汗が出る様子

刑事捜査などで登場する指紋。最近では、スマートフォンの認証などにも使われより短になっています。

ところで、なぜ、触ったものに指紋が残るか、知っていますか?

それは、湿っているからです。

指紋には汗腺があり、常に微量の汗が出ています。そのため、人の表面は、常に湿っているのです。

湿った指でものを触るので、汗や、指の皮脂の成分が残るのです。

さらに、指紋は湿っていることで、滑り止めの役割も果たします。指で物を持つ時に、滑らないのは、指紋のおかげなのです。

スマートフォンなどの指紋認証では、認証機器の内側に何万もの小さな電極が埋め込まれています。指紋は凹凸があり、湿っているので電気を通します。どの電極の電気が通ったかを計測することで、指紋の凹凸の形を認識し、指紋の画像データを作成、照合しているのです。

指紋認証の仕組み
出典 TIME&SPACE

こちらの映像は指紋から汗が出る様子を、微速度撮影したものです。指紋の山からだけ汗が出ている様子が分かります。

参考

This timelapse shows the fingertips sweating from up close – DIY Photography

99.999%の識別力!!「指紋認証」ってどんな仕組み? | 知っておきたいICT用語を解説 | ICT用語辞典 | 明日をちょこっとHAPPY!にするデジカル系情報マガジン TIME&SPACE(タイムアンドスペース)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする