国民年金は口座振替で2年分をまとめて前納すると15,690円割引

国民年金は口座振替で、2年分をまとめて前納すると15,690円割引になります。

口座振替の1年分前納の割引額は4,090円なので、2年間で8,180円の割引になります。2年分の前納の方が7,510円お得になります。

また、現金支払い、クレジットカード支払では1年分の前納はできますが、2年分の前納はできません。現金支払い、クレジットカード支払の場合、1年分の前納の割引額は3,460円となり、口座振替の割引額よりも少なくなります。2年間で6,920円の割引になるので、口座振替の2年分の方が、8,770円もお得になります。

また、前納による納付期間中に会社等へ勤務(厚生年金保険へ加入)した場合、未経過の期間の国民年金保険料は還付されるので、リスクもありません。

ポイント狙いでクレジットカードで1年分前納するよりも、口座振替で2年分前納した方が圧倒的にお得になります。

国民年金の割引表

支払い方法 割引額 2年分の割引額合計
1ヶ月ごとの納付(現金・クレジットカード) 0円 0円
翌月末口座振替 0円 0円
当月末口座振替(早割) 50円/1ヶ月 1,200円(50円 × 24回)
6ヶ月前納(現金・クレジットカード) 790円/6ヶ月 3,160円(760円 × 4回)
6ヶ月前納(口座振替) 1,110円/6ヶ月 4,440円(1,110円 x 4回)
1年前納(現金・クレジットカード) 3,460円/1年 6,920円(3,460円 x 2回)
1年前納(口座振替) 4,090円/1年 8,180円(4,090円 x 2回)
2年前納(口座振替) 15,690円/2年 15,690円(15,690円 x 2回)

例えば、30年間国民年金を支払う場合、1年前納のクレジットカード払いだと3,460円割引 × 30回で、103,800円の割引になりますが、2年前納の口座振替だと15,690円 × 15回で、235,350円の割引になります。口座振替で2年前納した方が、クレジットカード払いの1年前納よりも131,550円もお得になります。

前納への切り替えの期限

1年前納、2年前納の場合、毎年2月末までに手続きが必要です。2月末までに手続きをすると、1年前納なら3月~翌年4月分、2年前納なら3月~翌々年4月分の前納ができます。

6ヶ月前納の場合は、4月~9月分は2月末まで、10月~翌年3月分は8月末までに手続きが必要です。

前納の申込方法

申込は、申込用紙に記入して、年金事務所へ郵送、または窓口に提出で手続きできます。

申込用紙は年金事務所のホームページからダウンロードできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする