35位『黒子のバスケ』

黒子のバスケ

バスケットボールの強豪帝光中学校には、キセキの世代が訪れていた。それは、10年に1人の天才が同時に5人もいるということ。そのため、今まで無敗でやってきた。そんな中、時は過ぎて行き、彼らはそれぞれ高校へ進学して行く。ただ、中学時代のキセキの時代にはある噂があった。

それは、彼ら5人の他にもう一人、幻の6人目がいたという。それが、主人公でもある黒子テツヤであった。

黒子のバスケ モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

シェアする

フォローする