ゴールドフィールズ(GFI)

サマリー

  • 世界第7位の産金会社
  • 世界4地域に金山を保有しており、2015年の生産量は、オーストラリア(46%)、ガーナ(31%)、南米(14%)、南アフリカ(9%)となっている。
  • 南アフリカが一番少ないが、埋蔵量では、南アフリカ(72%)、ガーナ(15%)、オーストラリア(7%)、南米(6%)と南アフリカが最も多い。
  • これは、南アフリカの採掘コストが高い($1,250/oz)ためである。採算ラインは金価格$1,361になる。

ストーリー

  • 2016/7 金価格が$1,361を超えてくると、南アフリカが採算ラインに乗る。南アフリカで増産が可能になり、利益は急上昇する。さらに、同社の価値も急上昇する。現在、他社に比べて株価が出遅れているのは、金価格が$1,361を超えていないから。$1,361を超えると、遅れた分を含めて急上昇する可能性が高い。金価格の上昇を見込むならば、買い。

チャート

参考

シェアする

フォローする