犬の酸素室レンタル

o2_housem

犬が高齢で、肺が悪くなって、かなり危ない状態になったので病院の酸素室に入院した。

酸素室に入るとかなり楽みたいで元気になる。

家に帰ってこれるよう、ペットの酸素室をレンタルした。

今は、家庭でも、月1万円くらいでペットの酸素室をレンタルできる。

便利な時代になったなと思った。

ペットは家族のようなものなので、やっぱり家にいて欲しいし、できるだけ長く家でゆっくりと過ごして欲しいと思う。

レンタルしたのは株式会社ユニコムという会社の「オキシランドZ3000」。

メディアプラネットという会社も良さそうだった。酸素室の説明はここのサイトが分かりやすい。

酸素室の仕組みは、「酸素濃縮器」という装置で空気中の酸素を高濃度に濃縮して、ビニールで囲んだ専用の酸素ルームに送り込み、酸素ルーム内の酸素濃度を高く保つというもの。

「酸素濃縮器」は、室内の空気を取り込んで、窒素を除去して酸素濃度を高くするという仕組み。

家電製品と同じように電源につなぐだけで使えて、酸素カートリッジなど特別なものは何も必要ない。

酸素濃縮器は、元々人間が使うようの装置なので安心。

酸素は同じなので、ペットに使っても問題ない。

たまに街なかで、おばあさんとかが、カートから伸びたカテーテルを鼻に挿入したりして歩いているけど、カートの中にはこの酸素濃縮器が入っている。カートに入れて持ち歩くものは、充電して動かしているのかな。

E690BAE5B8AFE985B8E7B4A0E3839CE383B3E38399001

病院から家に連れ帰って、酸素室に入れたら気持ちよさそうに寝ていたので、ひと安心。

ペットの酸素室は、一番低い酸素濃度40%の設定でOK。

空気中の酸素濃度は通常20%くらいなので、これでも十分高い。

特別苦しそうなときなど、非常事態には酸素濃度を高くする。

普段から酸素濃度を高くしておくと、肺が高い酸素濃度に慣れてしまって、肺の能力がますます低下してしまうので注意。

酸素ルームはビニールで覆われているので、湿度や温度が高くなりがち。

夏場はクーラーを入れるなど、工夫が必要。

酸素ルームに、温湿度計を入れておくといいかも。

61Mdp8ulYFL._SY606_

A&D みはりん坊ダブル AD-5687

シェアする

フォローする