お金持ちになるための5つの銀行口座

お金持ちになるための5つの銀行口座

お金持ちは複数の銀行口座を持っています。

ただ多くの銀行口座を持っているわけではありません。

それぞれの口座に、きちんとした目的があります。

銀行口座は、目的に合わせて5つ用意する

これからお金持ちになろうとする人は、まず、5つの銀行口座を用意します。

お金持ちになってもこの5つの口座は基本的に変わりません。

入金口座

入金口座は、すべてのお金の入口となる口座です。

給料の振込先、ビジネスからの収入など、すべての収入の振込先はこの口座を指定します。

この口座は直接支払いには使いません。クレジットカードや公共料金の引き落とし先に指定したり、日常生活で使ってはいけません。

お金が貯まらない人は、入金口座と生活口座が一緒になっています。

これは、穴の空いたバケツに入れた水を入れて、水が底に開いた穴からどんどん出て行ってしまうようなものです。

いくら稼げるようになっても、気づかないうちに減っていき、お金はいつまでたっても増えません。

稼げるようになった分だけ底の穴が大きくなるので、さらに、働かなければいけなくなるだけです。

入金口座と生活口座は必ず分けます。

生活口座

生活口座はその名の通り、日常生活で使う口座です。

クレジットカードや公共料金の支払い、コンビニや銀行のATMで生活資金を引き落とす時も、この生活口座を使います。

必要なお金は、入金口座から生活口座にまとめて移しておきます。

お金に余裕がある人は数ヶ月に一度、通常は給与支払い後のタイミングなどで、入金口座から生活口座に必要なお金を移します。

間違っても、お財布にお金が足りないからといって、ATMで入金口座からお金を引き出して直接お財布に入れてはいけません。入金口座が穴の空いたバケツになってしまいます。

普段使うお金は、必ず生活口座から使います。

貯金口座

貯金口座は、まとまったお金を貯めるための口座です。

車や家を買うお金、子どもの教育資金など、将来まとまった額が必要になったときに使うための口座です。

生活口座と貯金口座を分けておくことで、必要な資金を確実に貯金できるようになります。

以前、夢をかなえるための夢口座を紹介しました。お金をためてかなえたい夢がある人は、貯金口座とは別に専用の目的の夢口座をつくるのもいいでしょう。

また、ビジネスをするための資金を貯めたいという人は、夢口座としてビジネス用の口座をつくります。

投資口座

投資口座は、投資をするための資金を貯める口座です。

この口座に貯まったお金から、あらゆる投資をしていきます。最初のうちは少額で大丈夫です。

投資はリスクが伴います。

この口座は、最悪ゼロになるかもしれない口座です。もちろん、投資の仕方によってリスクはコントロールできますが、この口座へは、それくらいの気持ちで入金します。

お金に余裕が無いうちは、投資口座に無理をして多額のお金を入れることはおすすめしません。

あくまで、余裕資金を、少しずつ貯めるようにしましょう。

ミニオネア口座

ミニオネア口座は、お金持ちになるために欠かせない口座です。

このミリオネア口座へ入金したお金は、一生使いません。

貯めるためだけの口座です。

お金持ちは、お金に余裕があり、一生使わないお金を持っています。

多くのお金持ちは若いうちからこのミリオネア口座を作って、少しずつ貯金をしています。

ミリオネア口座を持っていると、心に余裕が生まれます。

そして、心の余裕は視野を広くして、あなたを活動的にします。

お金がお金を引き寄せるなどの根拠の無いイメージの話ではなく、これは、心、精神科学の話です。

人は、家のローンの支払い、今月のクレジットカードの支払いなど、お金に困ると、常にそのことを考えてしまいます。

朝の通勤電車の中、お昼を食べている時、夜眠る前、ふとしたときに、今月の支払いは大丈夫だろうか、これから何年も家のローンを支払わないといけないんだと、不安が頭をよぎります。

お金を持っていないことは、心を不安にし、あなたの活動を妨げるのです。

ミリオネア口座は、一生使わないお金です。余裕のあるお金です。この口座を持っていると、その分だけ心に余裕が生まれ、あなたを活動的にしてくれます。

お金持ちになる人の多くが、若いころにこのミリオネア口座を作っている理由は、ミリオネア口座が心に余裕を生み、より精力的に活動できるようになることを知っているからです。

そして、このミリオネア口座はあなたの人生のセーフティーネットにもなります。

人生にはトラブルがつきものです。あなたは一生懸命努力してもお金持ちになれないかもしれません。途中で、あきらめてしまうかもしれません。

そんな時でも、この口座には一定の金額のお金が貯まっています。

ミリオネア口座は、お金持ちになれなかったときでも、日々の生活資金にしたり、老後の資金にしたり、あなたの生活を支えるセーフティーネットになります。

入金口座からのお金の配分の仕方

入金口座に入金されたお金は、定期的に他の口座に配分します。

生活口座に余裕があれば数ヶ月に1回、余裕が無いならば1ヶ月に1回、入金口座から他の口座にお金を配分します。

お金が少ないうちは、手数料がかからない時間帯にATMでお金を下ろして、他の口座に入金します。お金に余裕が出て、多少の手数料が気にならないならば、ネットバンクの振込を使えば家で簡単に作業ができます。

配分は、必要な生活資金や、今後の人生設計なども考慮して行います。生活費を切り詰められるなら生活口座への入金は少なめに、子どもの教育費などまとまったお金が必要になるなら貯金口座への入金を多めにします。

これからお金持ちを目指す人は、まずは生活口座に7割、あとの貯金口座、投資講座、ミリオネア口座に1割ずつ配分します。

スタート時の理想の配分

  • 生活口座: 7割
  • 貯金口座: 1割
  • 投資講座: 1割
  • ミリオネア口座: 1割

収入の7割で生活することが最初の目標です。余裕が出てきたら生活口座への配分の割合を下げて、他の口座への配分を多くします。

シェアする

フォローする